賃貸マンションでスペアキー(合鍵)を作る際のポイントや注意点について

賃貸マンションのご入居者様から「スペアキーを作りたい」というお問い合わせをいただくことがあります。

“鍵を紛失してしまった” “万が一鍵を無くしてしまったときのためにスペアを作っておきたい” “家族など他の誰かに鍵を渡しておきたい”・・・など、様々な理由の方がいらっしゃると思います。

今回は賃貸マンションでスペアキー(合鍵)を作る際のポイントや注意点についてお伝えしたいと思います。

 

スペアキーを作るときの注意点

賃貸マンションでスペアキーを作る際には、守らなければならないルールや注意点があります。
ここからはそんな
知っておきたいスペアキーについての知識をご紹介させていただきます。

 

必ず管理会社(大家さん)に許可を得る

賃貸マンションの場合、スペアキーを勝手に作成するのは基本的にNGとなっています。自分の部屋の鍵であっても、基本的には大家さんから借りている物であり、鍵も大家さんの所有物となるからです。
そのため、スペアキーを作りたいときは、まず管理会社に連絡をしましょう。正当な理由があればスペアキーの作成を認めてもらえるケースが多いと思います。

 

スペアキーを必要以上にたくさん作りすぎない

スペアキーを必要以上にたくさん作るのは防犯上おすすめしません。スペアキーを渡す人や保管する場所も、家族や勤務先など限られた安全なところにしましょう。たくさんの人に渡してしまうと、紛失するリスクも高まってしまいます。

 

退去する際には、スペアキーも必ず返却

退去する際には最初に預かった鍵と、作ったスペアキーも含めて全て返却する必要があります。

基本的に新しい入居者が入るときには玄関の鍵を交換するのが一般的ですが、中には玄関の鍵を交換されない大家さんもいます。(入居するときには、入居前に鍵交換を行ったかどうかを管理会社に確認しておくのが安心です。)

またオートロックが付いているマンションの場合には、玄関の鍵交換の有無に関わらず、スペアキーでオートロックの中までは入れてしまいます。マンションの居住者ではない第三者が、オートロックの中や最悪の場合部屋の中にも入れてしまう・・・という恐ろしい事態になってしまう可能性があるのです。

そのため、ほとんどの管理会社はこういったルールを作っています。必ず退去時にはスペアキーを含む全ての鍵を返却するようにしましょう。

 

鍵を無くしてしまったときにはまず交換を検討

 

スペアキーの作成をご希望される方の理由で多いのが「鍵を無くしてしまった」です。

入居の時にはスペアキーを含めて鍵を2~3本渡される場合が一般的です。1本無くしてしまっても、まだスペアがあるから大丈夫だろう・・と思われる方もいると思いますが、鍵を交換しないままだと防犯上とても危険です。

例えば、鍵と一緒にかばんや財布などを一緒に無くしてしまった場合です。免許証などの住まいが特定される持ち物があった場合、拾った第三者に勝手に部屋に入られてしまうかもしれません。また鍵だけを落とした場合でも、落とした場所がマンションの目の前だったら、マンションさらには部屋まで特定されてしまうかもしれません。また、拾った第三者に合鍵を作られている可能性もあります。

鍵交換を行うことで、鍵を悪用されるリスクは防ぐことができます。

鍵交換には相当の費用も掛かりますが、鍵を無くしてしまった場合には鍵を交換されることを強くおすすめします。鍵を無くしてしまった場合はすぐに管理会社に相談するようにしましょう。

 

スペアキーを作れない鍵がある?!

多くの鍵は街の鍵屋さんなどで気軽に複製することが可能です。所要時間5~15分程度、金額も1,000円前後で簡単にスペアキーを作成することが可能です。

しかし、中には簡単にスペアキーを作るのが大変難しい鍵もあります。ディンプルキーといわれる防犯性が高い鍵やカードキーなどです。

一般の鍵は鍵の側面がギザギザとした形状なの対し、ディンプルキーは鍵の表面に小さな丸いデコボコのようなものがあります。鍵を裏表どちらにしても鍵穴を動かせる、という特徴もあります。ピッキングや複製が難しく、防犯性が非常に高いため、街の鍵屋さんなどではスペアキーを作るのが難しい場合が多いです。

カードキーも磁器やICチップが埋め込まれているものが多いため、普通の鍵屋さんでは複製が難しいでしょう。

どうしてもスペアキーを作りたいときは、まず管理会社に相談してみましょう。正当な理由があれば、管理会社のほうで手配をしてもらえる場合があります。

ただし、通常の鍵のスペアキーの作成よりも金額が高額になったり、鍵ができるまで数週間~1ヶ月程度など、時間がかかる可能性が高いです。

 

まとめ

 

今回はスペアキーの複製についての注意点やルールをまとめさせていただきました。

鍵は当たり前ですが防犯上とても重要なものになります。鍵を無くしてしまったときなどは、複製ではなく交換した方がよいケースもあります。

スペアキーの作成に限らずですが、鍵に関することはまず管理会社や大家さんに事前に相談するようにしましょう。

The following two tabs change content below.
安永菜美

安永菜美

安永 菜美(やすなが なみ)
2014年あなぶきハウジングサービスに入社。
入社後6年間、住戸やテナント等の不動産仲介業務を経験。現在は賃貸物件の管理業務に携わっています。オーナー様へのご提案や、ご入居者様のお困りごと対応など、日々勉強しながら励んでおります。
私自身まだまだ未熟な点が多いですが、今までの経験の中で学んだことを皆さまにお伝えできればと思います。

保有資格:宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・相続支援コンサルタント
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop