マンション管理業ってどんなことをするの?|組合活動の1年の流れ

高野葉月 高野葉月

こんにちは!あなぶきセザールサポートの高野です。

 

あなぶきグループでは、4月から香川県高松市で1ヶ月間の新入社員研修があります。

私も、去年高松で1ヶ月研修を受けたのですが、今から同期ともう一度研修を受けたいな~と思うほど、濃くて楽しい研修でした!

実際に新入社員が各支店に配属されるのは5月からとなります!!

今年の新入社員の方たちは、研修が終わり配属先の発表がなされ、出勤日までとてもどきどきしている時期ではないでしょうか?

私もとてもどきどきしていた記憶があります。

 

これからたくさん覚えることがあります!

大変だと思いますが、たくさん同期や先輩がいるので相談しながらがんばりましょうね!!

 

さて、今回はマンション管理組合の1年間の流れについてお話します。

マンション管理業ってどんなことをするのかイメージがつきにくいですよね。

マンション管理業は、マンション管理組合業務の補助を行います。

よって、マンション管理組合活動の1年間の流れを把握して、マンション管理業務でどんな事を行っているのかぼんやりとイメージしていただければいいな~と思います!!

 

 

目次

  • マンション管理組合活動の1年間の流れ
  • 決算理事会
  • 通常総会
  • 通常総会~決算まで
  • まとめ

 

 

マンション管理組合業務の1年間の流れ

 

まず、マンション管理組合はどんな業務を行うのかお話します。

 

  • 総会の議長(理事長)
  • 印鑑の保管(理事長印)
  • 管理業務報告
  • 議事録への署名押印
  • 滞納者等への訴訟提起
  • 小修繕工事の発注
  • 総会承認事項の履行
  • 議案書・議事録の作成

これらが主な業務内容となります。

 

次に、管理組合活動の1年間の流れを図でご紹介します。

 

このような流れで、管理組合活動を行います。

図の中に書かれていませんが、必要に応じて、理事会・臨時総会も開催します。

 

決算理事会

決算理事会は、マンション管理組合の決算より2ヶ月以内に必ず開催しなければならない理事会です。

※招集期間を決算より2ヶ月としていますが、マンション管理組合の管理規約によってそれぞれ異なります。

基本的には、役員さんのみを招集し、総会に上程する議題を話し合います。

 

具体的に決算理事会で話し合う内容は、

収支報告(案)

マンション管理組合の1年間の収支報告(マンション管理組合の収入と支出の報告)・財産状況の確認を行います。

事業報告(案)

マンション管理組合の1年間の事業報告を行います。

収支予算(案)

来期の予算組み(マンション管理組合の収入・支出の予算組み)を行います。

必要な工事がある場合、予算を組んでおかなければなりません。

事業計画(案)

来期の事業計画を行います。

その他マンション管理組合にとって必要と思われる議題

それぞれのマンション管理組合にとって必要と思われる議題について話し合います。

例えば、設置されているエレベーターが耐用年数を超えているためリニューアルを検討する等です。

 

上記が、決算理事会で話し合う内容となります。

 

マンション管理業務では、マンション管理担当者(フロント)がこれらの議題を話し合うための、議案書(案)の作成をおこないます。

通常総会

通常総会は、マンション管理組合の組合員全体を招集します。

決算理事会と同様、マンション管理規約によって招集期間が異なりますが、通常総会は決算理事会の翌月に開催することが多いと思います。

決算理事会で話し合って、上程することとなった議題の承認を諮ります。

承認するか、しないか。やるか、やらないか。を最終的に決定する場が通常総会です。

 

基本的に、大きい金額が必要となる工事等は総会で話し合ってやるかやらないかを決めます。

毎月支払っている管理費・修繕積立金の中で工事を行う為、組合員の皆様には慎重に審議していただかなければなりません。

マンション管理担当者(フロント)は、議案の説明の補助を行うこともあるため、分かりやすい説明を行うことは非常に重要です。

 

また通常総会では、マンション管理組合の組合員全体を招集するため、組合員の皆様にとっては、普段お会いしないご近所の方と

コミュニケーションがとれる良い機会となります。

起きることがないことを祈りますが、万が一、大災害が発生したとき、ご近所の方との協力は不可欠となります。

普段からコミュニケーションをとることができるのが一番ですが、なかなかそうもいかない方もいらっしゃると思いますので、

是非通常総会にご参加いただけるように、マンション管理担当者も工夫しなければならないなと思っています。

通常総会~決算まで

通常総会終了から決算までの間には、

  • 通常総会で承認された事項の履行
  • 必要に応じて理事会の開催
  • 必要に応じて臨時総会の開催

等を行います。

例えば、通常総会終了~決算までの期間に、想定していなかった記録的大雨でエレベーターが浸水し、故障してしまったとします。

そのような場合、理事会・臨時総会を開催し、エレベーター復旧工事の実施可否・実施内容等を話し合ったりします。

 

まとめ

今回は、マンション管理組合活動の1年間の流れについてお話しました。

1年間の流れを把握して、マンション管理業務のイメージが少しでもわけばいいなと思います!!

マンション管理業務は、理事会・総会補助業務以外にもたくさんあります!

他の業務については、また別の機会にお話できればと思います。

 

The following two tabs change content below.
高野葉月

高野葉月

あなぶきハウジングサービス 北関東支店:高野葉月(たかの はづき)
大阪府出身。2017年にマンション管理フロントとして入社。
管理業務主任者と宅地建物取引士の資格を保有しています。今年は、簿記に挑戦します!!
新入社員として日々感じることをお伝えできたらと思います。
趣味は、スポーツ観戦(サッカー・格闘技)です。よろしくお願いします!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop