実は明確な決まりはない!?マンションとアパートの違い

生山 亨 生山 亨

あなぶきセザールサポートの生山です。

部屋探しをするお客様から「アパートはいやだ!マンションがいい!」と言われることがあります。そもそも何がアパートで、何がマンションなのか?

今回はマンションとアパートの違いについてお話します。

MA違い

目次

  • 法的に明確な決まりはない!?
  • 一般的には構造で区別している
  • 部屋探しのときは必ず構造を見る!
  • まとめ

 

法的に明確な決まりはない!?

何をマンション、何をアパートと呼ぶのかについては明確な決まりはありません。法律でも定められていません!マンションもアパートも集合住宅というジャンルになります。(意外ですよね…)

ちなみにアパートもマンションも和製英語で、アパートはapartment=集合住宅

マンションはmansion=豪邸の意味合いが強いそうです。分譲マンションはcondominiumと言われています。英語の意味を考えると余計分かりにくくなってしまいますね…。まさに『Why Japanese people!!』 ですね 笑

 

一般的には構造で区別している

ただ、実態として一般的には区別されています。

不動産屋さんはマンションとアパートの違いについて、大体このように区別しています。

●マンション…鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造など

●アパート…木造、軽量鉄骨造など

もう一度言いますが、明確な決まりはないんです。ないんですが、一般的にはこんな感じで区別しています。

 

部屋探しのときは必ず構造を見る!

明確な決まりがないので、世の中にはアパートに見えても「マンション」と呼ばれている物件もあります。どう呼ぶかは不動産屋さん、大家さん次第ですので…。

そこで大切なのは構造を見ることです。

一般的にはアパートは遮音性が低く、マンションの方が遮音性が高い、と言われています。

遮音性に関わってくるのは、「マンションかアパートか」ではなく、「構造は何か」です。

鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の物件は木造(W造)や軽量鉄骨造(S造)よりも遮音性が高いです。

では構造はどこを見れば分かるのか?インターネットの物件詳細ページや不動産屋さんからもらう物件資料にも書かれていますが、契約前の重要事項説明書に必ず記載されています

 

まとめ

 

「マンションかアパートか」一般的には多くが構造で区別していますが、今回ご紹介したとおり、明確な決まりはなく、例外物件もあります。

遮音性の部分においては鉄筋コンクリート、鉄筋鉄骨コンクリート造の方が優れていますが、木造や鉄骨造の物件がダメ、というわけではありません。もちろん遮音性のしっかりした物件もありますし、建物の間取りや立地によっても大きく異なります。

マンション・アパートという名称にこだわらず、構造をしっかりと確認して、後悔しないお部屋探しをしてくださいね!

記事内バナー03

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
生山 亨

生山 亨

あなぶきハウジングサービス イノベーション戦略本部:生山 亨(いくやま こう)
分譲マンションの管理担当(フロント)を経て賃貸仲介・賃貸管理・売買仲介・総務業務を経験。長年やってきた賃貸業務、中でも特に空室の改善、対策は得意分野です。
会社に地域に、そして日本に少しずつ“わくわく”を創ります!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop