管理組合役員のなり手不足を解消する方法とは?

三浦成美 三浦成美

こんにちは、あなぶきセザールサポート三浦です。
3月は年度末ということもあり、仕事はもちろんですが、学校を卒業される方、新生活が始まる方など、みなさんお忙しいかと思います。
お身体に気を付けてお過ごしください。
さて今回は、年々問題になっておりますマンション内の理事役員のなり手不足についてです。
皆様のマンションは、理事会は開催できていますか?組合員の総会出席率は高いですか?
高齢化社会の影響は、実は分譲マンションも受けているんです。

目次

  • 【背景】管理組合役員のなり手不足
  • 理事会・総会に出席できない=出席率の低下
  • 管理規約の改訂が役員のなり手不足解消のカギ!?
  • まとめ

 

【背景】管理組合役員のなり手不足

築20~30年ほどのマンションですと新築当初からずっと住んでいて、マンションと一緒に年齢を重ねてきたというオーナー様もたくさんおりますし、途中から入居している年齢の若いオーナー様ももちろんいらっしゃるかと思います。
管理組合様によって異なりますが、一般的に、オーナー様は数年に1度持ち回りで管理組合の理事役員という役職に就くこととなり、理事役員になったオーナー様は、管理組合の理事会に参加し、マンションのことについて話し合ったり、修繕工事の検討をしたり、とマンション管理組合の運営を担うこととなります。

しかし、オーナー様の中には仕事が忙しく集まれない、高齢のため思うように動けない、病気になってしまって理事会や総会の参加が難しいという理由で、役員を辞退される方も多くなってきております。

こうした背景から、管理組合役員の輪番表があるのにもかかわらず、同じ人ばかりが役員にならざるを得ない状況や、輪番表で選ばれたものの、出席できないため理事会が開催できない状況の管理組合も見られます。

理事会・総会に出席できない=出席率の低下

こうした状況の中、年に1度の大事な会議である通常総会でのオーナー様の出席率で悩む管理組合が増えてきています。
もちろん、オーナー様ほとんどが通常総会に出席する管理組合もございます。
その一方で、毎回2~3人しか集まらない、理事しか総会に出席しないという管理組合もあります。
マンションの1年間の予定を決める大事な会議でオーナー様たち(区分所有者)から意見を聞く場でもありますが、オーナー様本人が仕事でどうしても都合がつけられない、または体調が芳しくないため欠席せざるを得ないということで出席率の低下で悩んでいる管理組合も多いようです。

管理規約の改訂が役員のなり手不足解消のカギ!?

そんなマンション管理組合の悩みを受けて、国土交通省より2016年3月に『マンション標準管理規約』の改正が発表されました。
今回の標準管理規約の改正は、役員のなり手不足等の課題に対応するため、役員の資格要件の緩和を行うことなどを主な内容とするものです。ほかにも全面的に改正はされておりますが、ここでは文字数の関係上割愛させていただきます。
たとえばですと、以下のように実住のオーナー限定だったものを外部オーナーも役員になれるように改訂したり、

役員の資格要件の緩和(現住要件の撤廃)
例)役員のなり手不足等の実態を踏まえ、役員の資格要件を以下のとおり緩和する。
改正前:「理事及び監事は、○○マンションに現に居住する組合員のうちから、総会で選任する。」
改正後:「理事及び監事は、組合員のうちから、総会で選任する。」

または、以下のように外部の専門家を役員に選任することができるようにしたり、
第35条(役員)
<外部専門家を役員として選任できることとする場合>
2 理事及び監事は、総会で選任する。
3 理事長、副理事長及び会計担当理事は、理事のうちから、理事会で選任する。
4 組合員以外の者から理事又は監事を選任する場合の選任方法については細則で定める。

といった改正がなされています。

また、当初管理規約で定められていた役員の定数を減らすことで、なり手不足を改善している管理組合も見られます。
最初は5人の理事役員(理事長・副理事長・会計・理事・監事)が必要だったものを、必要な役職のみを残して役員の人数を3人に減らすことで、輪番表の回ってくる年数を少しでも伸ばしたり、理事会の開催がしやすいように工夫をしている管理組合さんもあります。

現在、役員のなり手がおらず困っている管理組合様がいらっしゃいましたら、管理規約の改訂の検討を進めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

役員のなり手不足で悩む管理組合が多い中、役員のなり手不足解消の第一歩として管理規約の改訂があります。
普段の生活では、管理規約をじっくり読んだりといった機会はあまりないかとは思いますが、一度目を通していただきまして、マンションの現状と管理規約が合っていないな…と思うところがありましたら、現状に合った管理規約に直していくのが、快適なマンション生活のためにも望ましいですね!

 

マンション標準管理規約改正について気になる方は、以下の記事もご参照くださいませ。
5年ぶりに変わった「マンション標準管理規約」改正のポイント①~区分所有法、管理規約等の改正の経緯~

5年ぶりに変わった「マンション標準管理規約」改正のポイント②~外部専門家の活用について~

5年ぶりに変わった「マンション標準管理規約」改正のポイント③~「外部専門家の活用」を必要とするマンションの実態~

5年ぶりに変わった「マンション標準管理規約」改正のポイント⓸~コミュニティ条項の再整理~

The following two tabs change content below.
三浦成美

三浦成美

あなぶきセザールサポート 東京西支店:三浦 成美(みうら なるみ)
青森県出身。入社後は立川市にある東京西支店配属となり、マンションの管理担当であるフロント業務を担当しております。
“すぐ駆けつける”をモットーに日々奮闘中です。分譲マンションでの生活に関するお役立ち情報を配信していきたいと思っています。よろしくお願いいたします。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop