災害ハザードマップって何?どこで見られるの??

馬場景子 馬場景子

近年、台風や豪雨などの災害が頻発し、広範囲に大きな被害を受けることが増え、地域の災害リスクを記載したハザードマップへの注目が集まっています。しかし、ハザードマップの存在は知っていても、ハザードマップの見方まではよくわからないという人も多いのではないでしょうか。
今回はハザードマップの見方や内容などの説明をしていきますね。

 

ハザードマップって何??

ハザードマップとは、その地域にどのような災害の危険があるのかを地図に示したものです。
対象となっている災害の種類は、洪水、津波、高潮、土砂災害、地震などです

2020年の宅建業法の改正で、契約前の重要事項説明の際に、契約希望者に対して水害に関するハザードマップを見せながら契約希望者に説明を聞いてもらわなければならなくなりました。

しかし、重要事項説明は賃貸契約の直前に行われることが多いです。
直前にリスクがわかっても適切な判断を下すには十分な時間がありません。
それ以前の物件探しの段階でハザードマップを見て、あらかじめ災害リスクの有無を確認しておくのもおすすめです。

 

ハザードマップはどこで入手できるの?

ハザードマップを作成している自治体は多く、作成タイミングで住民に配布されたりすることが多いようです。各地域のハザードマップを個別で入手したい場合は、自治体のwebサイトを活用してみてください。市区町村のハザードマップには、その地域がどうして危険なのかが、わかりやすく示されています。

例えば付近に複数の川がある場合、どの川がどういう状況で氾濫するのか、どのような被害が想定できるのか、など詳細なところまで説明されているので、リスクを理解するのに非常に役立ちます。
webサイトのハザードマップはPDFで表示できるので、プリントアウトして家族で一緒に見たり、書き込みを行ったりできます。
閲覧したい場合は『〇〇市 〇〇区 ハザードマップ』で検索してみてください。

 

ハザードマップの見方について

洪水・内水氾濫

水害の中でも川の氾濫による洪水は、比較的広い地域に関係する災害です。
危険度は、「浸水深(浸水域の地面から水面までの高さ)」であらわされ、ハザードマップ上では浸水深の段階ごとに色分けされています。
最大雨量時にその地域がどれくらい浸水する可能性があるのかが、洪水ハザードマップを見れば、ひと目でわかります。
検討している地域が、川からどれくらいの距離にあり、浸水深がどれくらいかを確認しておきましょう。

 

<浸水深と浸水程度の目安>
浸水深さ  0~0.5m    浸水の目安 床下浸水(大人の膝までつかる)
浸水深さ  0.5~1.0m   浸水の目安 床上浸水(大人の腰までつかる)
浸水深さ  1.0~2.0m   浸水の目安 1階の軒下まで浸水する
浸水深さ  2.0~5.0m   浸水の目安 2階の軒下まで浸水する
浸水深さ  5.0m~     浸水の目安 2階の屋根以上が浸水する
出典:国土交通省 川の防災情報

 

川が溢れるのも心配ですが、内水氾濫にも注意が必要です!

「内水」とは聞き慣れない言葉ですが、川から堤防で守られた内側にある水のことです。
家屋の被害の半分近くは、実は内水氾濫によるものなのです。例えば2019年の豪雨で、ある地域のマンション群が被害を受けたことが報道されましたが、付近の大きな川の水位が上がり、川に流す排水管から水が住宅地側に逆流した内水氾濫によるものでした。マンションの地下にある電源設備などに被害がありました。
川の近くの地域でも、被害の程度に違いがあるのは地形などによるものだそうです。
内水氾濫についても洪水ハザードマップに反映されているので、川との距離だけではなく、浸水深の色分けをよく見ておきましょう。

ハザードマップには付近の学校や体育館など災害時の避難先、消防署や警察署、医療機関など緊急時に必要になると思われる機関も図示されています。
こうした情報もよく確認しておくといいと思います。

土砂崩れ

土砂崩れの危険が高いところは、自治体が特別警戒区域や警戒区域に指定しています。それらはハザードマップに反映されているので、急傾斜の崖が近くにある土地の場合は、土砂崩れのハザードマップを確認しましょう。
崖から離れ、土砂崩れの影響を受けない地域なら安心です。

津波・高潮

海岸近くの土地の場合は、津波や高潮の危険度をハザードマップで確認しておきましょう。
高齢者や障がい者、お子さんが同居する家族は、避難に時間がかかります。家族構成や心身の事情も考慮して早め早めに避難しましょう。

地震

安心して住める家の条件として地震に強いことは欠かせませんが、地盤などの危険度については何種類かのハザードマップがあります。
地盤が弱い地域では揺れが大きくなるため、大きな地震が起きると、家が傾いたり、倒壊したりといった被害が発生しやすくなります。
また、液状化現象とは、砂が堆積してできた土地などが大きな地震の揺れで砂の粒子がばらばらになり、水が出て地面が液状になること。
地面が液状化すると建物だけでなく、水道やガス配管などインフラにも影響します。
どのような地盤に家が建っているかで、地震時に受ける被害が違ってきます。ハザードマップで、揺れやすさや液状化の可能性の有無を確認して、地盤の強い地域を選べば安心です。

 

まとめ

このようにハザードマップで、さまざまな災害リスクを知ることができますが、家や土地選びは、リスクを重視しすぎると選べなくなってしまうことがあります。
ハザードマップでリスクが表示されているからといって、必ずしもそこに住んではいけない・住むと危険ということではありません。
また、そもそもハザードマップを作成していない地域もあります。その場合は、役所の防災対策課などにリスクの有無を確認し、リスクを知らずに住むことがないようにしましょう。知った上で対策を講じてリスクとうまく付き合っていくことが大切だと思います。

The following two tabs change content below.
馬場景子

馬場景子

あなぶきハウジングサービス 岡山駅前店
馬場 景子 (ばば けいこ)
岡山県出身 。2010年入社
入社以降、賃貸仲介業務、賃貸管理業務、分譲賃貸業務といろいろな業務をさせていただいています。
少しでも皆さんのお役に立てる情報を発信していきますので、宜しくお願いします。

保有資格: 宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、管理業務主任者、相続支援コンサルタント
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop