高松でシェアバイク(シェアサイクル)を使ってみた!~メリット・デメリットも紹介~

皆さんこんにちは。
あなぶきハウジングサービスの中川です。
あなぶきグループでは現在、香川県の高松市内を中心にシェアサイクル事業を展開しています。
その名も「あなぶきのシェアバイク」です!
シェアバイク(シェアサイクル)とは、複数のステーションで貸出・返却が可能で、会員登録後スマホやICカードで利用することができるサービスです!
当ブログで、あなぶきのシェアバイクに関しては何度かご紹介しているので、基本的な説明などについては過去の投稿をご覧ください。

通勤にもお出かけにも!高松市のシェアサイクル「anabukiシェアバイク」で日常を快適に

私自身、普段からシェアバイクをよく使います。
いつもは主に通勤に使っているのですが、本当に便利です!なので、皆さんにもぜひ便利さを知って使っていただきたいと思います!
今回のテーマはずばり「高松でシェアバイク使ってみた!」です!
私、中川が実際に使ってみてシェアバイクのレビューをしていきたいと思います!
今までよくわからない、なんとなく面倒・・・とシェアバイクを敬遠してこられた方は、この記事を読んだ後、ぜひ一度ご利用してみてください!

シェアバイクの補足説明

ご存じの通り、あなぶきのシェアバイクには「電動自転車」を採用しています。
電動自転車は一般的なママチャリ等と違って加速に優れており、急な登坂でも立ち漕ぎすることなくスイスイ登れます。

画像はバッテリーの残量などを表示する画面です。電動アシストの強度を3段階から変更することができます。
今回は、アシスト強度を「中」にして検証していきます!

検証方法

①スタートは高松駅
②15分100円の料金設定となっているので、15分でどこのステーションまで行けるか(付近の飲食店も紹介)
③自身が利用してみての感想(メリット・デメリット等)
まとめ:どんなシーンでシェアバイクは活躍するのか?

それでは検証スタートです!
①高松駅ステーションにいます。場所は高松駅のすぐ南にあり、最大10台の駐輪が可能です。

②電動自転車なので、やはり楽に進みます!女性やお年寄りの方でも楽に自転車を利用できそうです!

そして結果・・・

多賀町にある「あなぶきPMアカデミー」ステーションまで来れました!
約2.2km、歩くと30分以上かかってしまうところを、シェアバイクなら約12分、徒歩の半分以下の時間で、しかも楽に移動できました!もちろん料金は「100円」です!
※交通状況等により、多少時間が前後する可能性があります。

また、この「あなぶきPMアカデミー」ステーションは最大7台駐輪可能です。

さらにこのすぐ近くに、超有名な「うどんバカ一代」があります!
すごくおいしいです!本当におすすめです!
このページの最後にお店の情報も載せていますのでご覧ください!
※写真は「かけうどん(温)です」

③それでは、実際に私が使ってみて感じたメリット・デメリットをあげていきます。

 

メリット

①移動時間が大幅に短縮できる

やはりシェアバイクの最大のメリットはこれかな、と思います。
家と職場まで歩くのは少し遠い・・・。観光で来て、駅から目的地までが少し離れているけど、次のバス・電車までは少し待たないといけない・・・。こんな経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ですがシェアバイクの場合、目的地付近にステーションがあれば乗り捨てOKなので、レンタルと違って必ず借りた場所に返却しないといけない、ということもありません。
また、電動自転車なので長時間の利用でも疲れにくいです!

②面倒な手続きが不要

当日使いたくなった場合でも安心です!あなぶきのシェアバイクの場合、利用までの手順は立ったの3つです!
①アプリをダウンロード
②名前・メールアドレス・電話番号・決済方法を登録(キャリア決済・クレジットカードから選べます!)
③自転車を予約・利用
たったこれだけです。5分もあれば自転車を使い始めることができます!

③健康増進につながる

普段の皆さんの移動手段は何ですか?
香川県の場合、まだまだクルマ社会なので通勤やちょっとした移動もクルマで・・・という方も多いと思います。
ですが、全て自転車に切り替える、というわけでなく日々の暮らしの一部にシェアバイクを取り入れてみませんか?毎朝の通勤からでも使ってみましょう!適度な負荷の有酸素運動で、健康増進の効果も期待できますよ!

 

ただし、そんな便利なシェアバイクでもいくつかデメリットを感じました・・・。

デメリット

①返す場所に限りがある

乗り捨て可能とはいえ、返却は必ずラックに空きがあるステーションで行わなければいけません。
返却しに行ったステーションがいっぱいで少し離れた場所まで返却しに行った・・・。こんな経験をした方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、これを未然に対処できる方法があるんです。それが「返却予約システム」です!返したいステーションが空いている場合、30分間有効の返却予約ができるので安心です!
返却予約以外にも、あらかじめアプリ上のマップで目的地周辺のステーションを複数探しておく、というのも効果的だと思います。

②返却ミス・し忘れに気を付ける

これはデメリットというより、利用する場合是非とも注意していただきたい点です。
通常料金は15分100円と安価ですが、返却を忘れてしまうとどんどん料金が加算され、請求金額がとんでもないことに・・・なんてことが起きてしまっては大変です。
なので、ここで一度返却操作をおさらいしておきましょう
①サドル下の後輪錠を手で閉める
②パネルで返却操作を行う。
以上の二つです。慣れてしまえば時間はかかりませんが、①は結構忘れがちなので、必ずパネルで「返却完了」の文字を確認後、自転車から離れるようにしましょう

 

まとめ

今回は実際にシェアバイクを使って、高松駅~あなぶきPMアカデミーまで快適に移動できました!
打ち切り料金が設定されているので、通勤などの短時間利用、旅行の際の長時間利用など、どんなシーンでも活躍すると思います!
この記事をご覧の高松市内在住の方、高松に来る予定のある方はぜひ一度あなぶきのシェアバイクをご利用してみてください!

【手打十段 うどんバカ一代】
住所:香川県高松市多賀町1-6-7
公式HP:http://www.udonbakaichidai.co.jp/company.html

The following two tabs change content below.
中川雄斗

中川雄斗

あなぶきハウジングサービス ライドシェアグループ
中川雄斗(なかがわゆうと)

香川県出身。2019年入社。
現在、香川県でカーシェアリングとシェアバイクの運営をしています。
ブログを通じて“シェアリング”の魅力について、香川から全国へ発信していきます!
よろしくお願いします。

保有資格:宅地建物取引士・管理業務主任者
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop