換気扇を使うと、ドアや窓が重い!エアコンから異音が!? マンションの気密性について

中山美由紀 中山美由紀

こんにちは。あなぶきコールセンターの中山です。

コールセンターでは、日々様々なお問い合わせ・ご相談を承っております。

今回は、気密性の高いマンション特有の「ドアや窓が重い」「エアコンからポコポコと異音がする」現象について、原因と対策をご紹介します!

 

原因

換気扇使用時に、ドアや窓が重く、開きにくいという現象やエアコンからポコポコと異音がするという現象はどちらも故障ではありません。

原因は「給気」と「排気」のバランスにあります。

コンクリート造りのマンションは、木造住宅と異なり、気密性が高く、冷暖房装置も効果的に働きます。

しかし、気密性が高いがゆえ、「給気」と「排気」のバランスが取れず、室内と室外の気圧差が生じてしまい、ドアが重い、エアコンから異音がするという現象が起こってしまうのです。

「ドアが重い」

換気扇を稼働させると、給気よりも換気扇による排気のパワーが強いため、室内の気圧が下がり、外の空気が室内に入ろうとドアを押し付けるのです。それにより、ドアが重くなります。

 

「エアコンからポコポコ異音がする」

気密性の高い部屋では空気の通る場所が少なく、エアコンのドレンホースが空気の通り道になることがあります。

そのような状態で換気扇を使用すると、ドレンホースから屋外の空気が入り、室内機で発生した結露水がスムーズに上がれていかず、ポコポコと音がするのです。

※エアコン運転中だけでなく、停止中でも異音が発生することはあります。

 

対策

ドアが重くなることもエアコンからポコポコと異音がすることも、原因は気密性が高いことにより生じる室内と室外の気圧差なので、対策は同じです。

下記の事項をお試しください。

① 給気口を開ける

 

 

給気口を開けることで気圧のバランスが整います。

リビング・各居室には新鮮な外気を取り入れる給気口がついています。(天井についている場合もあります。)

日ごろから給気口は開けておきましょう。

 

② 給気口を掃除する

給気口が汚れていないか確認してみましょう。

ほこりや排気ガスなどでフィルターが目詰まりしている場合があります。

掃除機などを使いほこりを取り除きましょう。

また、汚れがひどい場合は水あらいをしたり、フィルターを買い替えましょう。

※取扱説明書に従って、定期的に掃除をしてください。

 

③ 換気扇やレンジフードを弱で回す

①と②を行っても改善されない場合は、換気扇やレンジフードを「強」ではなく、「弱」で使ってみましょう。

 

④ 換気扇やレンジフードを使う時は窓を少し開ける

それでも改善されない場合は、換気扇やレンジフードを使う時に、近くの窓を少し窓を開けて、給気を足すようにしましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

いずれにしても、原因は室内と室外の気圧の差になります。

何かしら室内に空気を取り込むよう工夫して、快適なマンションライフを送りましょう。

 

 

The following two tabs change content below.
中山美由紀

中山美由紀

あなぶきハウジングサービス 中山美由紀(なかやまみゆき)
香川県出身。
あなぶきコールセンターにて日々お客様のお問い合わせに対応しています。
コールセンターに寄せられるお困りごとについて、情報を発信してお役に立てればと思います。
好きなことは神社めぐり、動物とふれあうこと
保有資格:社会福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、電話応対コンクール香川県大会出場
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop