お住まいのマンションの避雷設備の点検をしましょう!

前口 恵理 前口 恵理

こんにちは。あなぶきセザールサポート、管理課の前口です。

最近「スカイツリーに雷が落ちる」と言うニュースを耳にしました。

雷が落ちた時、中の人や建物は大丈夫なのかな・・・と思いましたが、大丈夫らしいです!

なぜ大丈夫かは是非検索してみてください。

またスカイツリーは年間で10回も落雷が集中するらしく、雷観測装置が置かれ、放送建物の雷対策に利用されているそうです。

そこで本日のブログは‘雷’つながりでマンションに設置されている「避雷針」についてお話をしたいと思います。

目次

  • 避雷針とは
  • 避雷針の設備点検しましょう
  • 避雷設備の法定検査におけるチェックポイント
  • まとめ

 

 

避雷針とは

「そもそも避雷針とはなんだろう」と思っている方もいらっしゃると思います。

避雷針とは、マンションの屋上に設置されている避雷設備の事を言います。

避雷設備は雷を避けるためのものではなく、建物に雷が落ちた際に建築物や設備に悪影響を及ぼすことなく雷を外に逃がす役割をしております。

建築基準法第33条では、

高さ20メートルを超える建築物には、有効に避雷設備を設けなければならない。

ただし、周囲の状況によって安全上支障がない場合においては、この限りでない。

と記載がございます。

 

避雷針の設備点検しましょう

自分の所有しているマンションで、避雷針がついているけど点検したことがないという管理組合ありませんか。

ぜひこのブログを機会に「避雷針の点検」を行いましょう。

避雷針の点検をすることの大切さは、もし避雷針は役割を果たしておらずマンションに雷が落ちてしまった場合に、マンションの設備が壊れてしまう、最悪火災が発生してしまう恐れがございます。

また日本は雷がもっとも多い国としても有名であることから、そういった被害を無くすためにも点検を行いましょう。

ちなみに避雷針の点検は法定点検ではございません。

各種避雷設備はJIS42014.1に基づき検査することが決まっています。

また避雷設備は年1回以上検査を行わなければならないとも示されています。

 

避雷設備の法定検査におけるチェックポイント

細かく分けると20〜30の点検項目があります。大きなポイントとしては以下の通りです。

・突針の設置状況と外観の異常など

・避雷針ポールおよび支線のさび、腐食等の外観チェック

・取り付け台の外観チェック

・配線のチェック

・接続部チェック

・接地抵抗の値のチェック

http://www.hiraishinkouji.net/countermeasure/index.html参照

まとめ

みなさん避雷設備、また避雷針についてわかりましたか。

ちなみに8月が一番雷の多い時期だそうです。

それまでに改めて自分の所有しているマンションの避雷針が正常に役割を果たしているか確認してみてはいかがでしょうか。

すこしでも皆様のお役に立てればと思います。

まだ次回のブログもお時間ありましたら、読んでください。

The following two tabs change content below.
前口 恵理

前口 恵理

あなぶきセザールサポート 東京本店:前口 恵理(まえぐち えり)
新卒で入社し管理担当者として、現在12棟のマンションを担当しております。
お客様目線で寄り添ったフロントを目指して日々奮闘中です。
趣味は食べる事と旅行で、ウユニ塩湖にいくのが夢!
このブログを通して少しでもお客様のお力になれたらと思います。
保有資格:管理業務主任者
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop