第4.5話 もっと!新人研修について~前篇~

三浦成美 三浦成美

この記事は2016年7月3日に公開された記事となっております。

プレゼンテーション1

こんにちは。青森にいたころはギャルだったに違いないと最近噂されている三浦です。ヤンチャだったのは髪の色だけです、本当です。

さて突然ですが先週の上京物語、読んで頂けましたでしょうか?

読んでないよ、という方は合わせてこちらも読んでいただけますとミウラ泣いて喜びます。

第4話 高松での新人研修~新人研修で得られる4つの『感』~

実はなんと嬉しいことに、「新人研修の内容をもっと詳しく知りたい!」というありがたいお言葉を頂きまして、このたび4話と5話の間に“0.5話”という形で、涙なしでは語れないとも言われるあなぶきグループ自慢の新人研修についてより深く掘り下げていこうと思います。

1記事2000字では語りつくせませんので、今回は前・中・後篇の3部にわけて研修の内容やエピソードなどをお伝えしていきます。

前篇は入社式前にあります当グループ新人研修名物の【ビジネスマナー研修】について一筆したためさせていただきます!

 

目次

  • 1章 はじまりの街 トーキョー
  • 2章 初めての試練 試される新入社員の絆
  • 次回予告

~中編へつづく~

 

1章 はじまりの街 トーキョー

3月29日、大きなスーツケースをごろごろと転がしながら向かう先は羽田空港第2ターミナル。初めてモノレールに乗り、テンションがうなぎのぼりのミウラ。モノレールってあんなに傾くのになんで落ちないんですかね…。すごい乗り物です。あと、空港までの駅でとってもかっこいい名前の駅がありました。“天空橋”かっこいいですよね!!

空港へ無事に到着すると先に来ていた同期たちと合流し、研修前の最後の晩餐としてホットドックを食べる一同。待ち合わせ場所に同期がひとりこない事件やスーツケースが大きすぎる事件などいくつかのハプニングもありましたが、2016年の選ばれし8人は新人研修が開催されるタカマツへたどり着きました。

 

2章 初めての試練 試される新入社員の絆

3月30日、そう言わずもがな研修初日です。ホテルの冷蔵庫に入っていた1本の水を持ち、ミウラは元気にホテルを飛び出します。研修は『あなぶきPMアカデミー』という場所で行われます。かっこいい言葉でいうと、職業訓練校という施設です。マンションの設備(報知器や受水槽、ブレーカー関連)から清掃の練習や講習の出来るスペースなど、普段は主にマンションの管理員の研修に使用されています。

さらにシニア向けにリノベーションしたモデルルームの公開や高齢者体験をしながらバリアフリーな部屋について学ぶこともでき、従業員だけでなくお客様への施設開放もされております。あなぶきPMアカデミーのキャッチフレーズは “マンション生活学習館”、みなさんも機会があればぜひ一度お越しください!

 

1節 拳を突き上げる

さてそんな“あなぶきPMアカデミー”(以下学校)へ到着した8人。

研修の1日目と2日目はあなぶきグループ名物のビジネスマナー研修です。

いったいなにが名物なのか…、それは講師の先生でした。かれこれ10年以上もあなぶきグループの新人研修に携わってきたという先生。講師の先生を紹介する人事の方も新卒で入社したときにはその先生のビジネスマナー研修を受けたとか…。

そんな先生の第一声は「よし、じゃあ5分で席作れ!」思わず顔を見合わせる8人。いそいそと研修のためのテーブル配置にする89人。机をセットし終えると「遅い!時間内には終わっているが全然なってない!」とさっそく洗礼を浴びる新入社員一同。

「じゃあなにがよくなかったか、改善できるところあげて見なさい」と先生が言うと、『はい!鈴木(仮名)です!!』という声と共にあがる手。その後も様々な人からあがる声と手にミウラはひとり慄きました。(ビジネスマナー講習、結構ガッツリくるから気合いれたほうがいいよ!)などなど先輩方から事前に聞いてはおりましたが、想像の斜め上を行く不思議な空間でした。

そして後ろで見ている各社総務・人事の方は「なつかしいな~~」「あ~、こんな感じだった」というようなことを言われていたので、そうか、新人誰もがが通る道なんだなぁ、なんて思いながらミウラも拳を突き上げておりました。

 

2節 ガンガンいこうぜ

2日間のビジネスマナー研修では8人程度の小グループにわかれてのグループワークが主でした。みんなが初対面というなかで最初に出会った同じグループの人たちとはグループが解散になったあともなんだかんだよく話をしましたし、印象に残っています。中には最初のグループで意気投合して研修期間の1か月中ずっと定期的に集まったり、遊んだりしていた人もいました。

グループワークではどうすればうまく相手に自分の意見を伝えられるか?や、他の人に聞いてもらえるような発表にするにはどう工夫すればよいか?といったプレゼンに関することから正しい敬語の使い方や尊敬語と謙譲語の違い、ビジネス文書の基本というような基礎的なこと、そして名刺の渡し方、電話の取り方といった実践的なことまで様々行ないました。

 

3節 君にもあるよ、リーダーシップ

みなさん、リーダーシップという言葉をご存知でしょうか?
簡単に言うと人を引っ張る能力といいますか集団をまとめる力といいますか、そういった意味合いの言葉です。私、ミウラといたしましては、学生時代の部活仲間から「リーダーシップの欠片もない」と言われ続けること早10年経ちました。(そっかー。ミウラにはリーダーシップないのかあ、ま、仕方ないか!)なんて思って生きてきましたが、どうやら誰でも生まれたときからリーダーシップというものを持っているようです。先生が言っていました。私のリーダーシップは一体どこへ行ってしまったのでしょう。これから10数年間眠らせていたリーダーシップを目覚めさせていきたいと思います。

さらに加えて

みなさん、フォロワーシップという言葉をご存知でしょうか?

ちなみにわたくしミウラは知りませんでした。簡単に言うと協調性に近しい言葉です。みんながみんなリーダーシップを発揮すると収集がつかなくなりますよね。フォロワーシップは相手が物事を進めやすいように協力する、といいますか相手のことを考えて行動する力のようなものだとミウラは解釈しました。

新人研修ではグループワークが8割を占めます。グループ内でのディスカッションだったりみんなの前でグループで発表する機会が多く、そんなときにこのフォロワーシップが大いに役に立ちます。リーダーシップとフォロワーシップをうまく使うことで、人間関係に関しても仕事に関しても円満かつ円滑に進めることができるのではないでしょうか。

 

 4節 オレ!

2日間のビジネスマナー研修が終わると4月1日、そうエイプリルフールですね。世の中では入社式がいたるところで行なわれます。とても立派なホテルが入社式の会場です。そのホテルもあなぶきグループのひとつ、あなぶきエンタープライズという会社が経営しているんですよ!

そんな大事な入社式の日にミウラは朝寝坊をしてしまい、朝ごはんを食べずに式に臨んでしまったため、式の最中お腹が鳴って大変なことになっておりました。みなさん朝ごはんは大事です。

入社式のあとは懇親会があります。その懇親会が私たち新入社員にとって一番のメインイベントともいえます。そうです、新入社員紹介があるのです。他のグループ会社のみんなもこの新入社員紹介に力を入れています。どこもそれぞれ個性があってとってもおもしろいですし、さすがだなあと思って見ていました。他の会社の人の顔も覚えられます。ミウラは、というと緊張しすぎて懇親会に関しての記憶があまりありません。

 

私たちが入社式の新入社員紹介で何をやったかはこの場では秘密とさせていただきます。
気になる方はお近くの新入社員へお尋ねください。
ちなみにミウラは新入社員紹介で使った歌たちに軽くトラウマを覚えております。しばらくは聞かずに過ごしたいです(笑)

 

次回予告

2日間のビジネスマナー研修を乗り越えた8人。休息の間もなく、次はあなぶきグループ全体研修が待ち受けている!焼肉屋でよく見るエプロンのようなゼッケンを身にまとい、3分間で行なわれる自己紹介に日々奮闘する新入社員たち。やっとみんなの顔を覚えてきたら今度は演劇!?

脚本:我々・演出:我々・出演:我々、オール我々の完全オリジナルストーリーがいまはじまる!
次回第4.5話「新人研修について~中篇~」

乞うご期待!!

 

ミウラはおばあちゃん役を熱演しました。

The following two tabs change content below.
三浦成美

三浦成美

あなぶきハウジングサービス 東京西支店 三浦 成美(みうら なるみ)
2016年に入社し、マンション管理(フロント)業務に従事しています。
主に神奈川・東京エリアのマンションを中心に担当しています。
最近は長野県松本市にも担当物件が増えました!
あなぶきブロガー3年目突入です。
よろしくお願いいたします。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop