第4話 高松での新人研修~新人研修で得られる4つの『感』~

三浦成美 三浦成美

この記事は2016年6月26日に公開されたものです。

アイキャッチ④

こんにちは。あなぶきセザールサポートの三浦です。先日、日ごろの疲れをいやすためにペットショップへ行ってきました。店員のお兄さんの粋なはからいで犬を抱かせてくれたり一緒におもちゃで遊んだり、わんちゃんたちがとっても可愛くて、ミウラの心は完全に癒されました。しかしミウラ、軽度ではありますが動物アレルギー持ちのため、帰り道くしゃみがとまらず大変でした。こんなに好きなのに近づけないなんて社会学でいうところのまさにヤマアラシのジレンマですね。

 

はい。

 

さて今回はあなぶきグループ伝統の『高松市での1か月新人研修』についてお話したいと思います。正直なところわたくしミウラも最初に聞いた時は(1か月…?高松…?東京に憧れて来たのに…え、香川県に行くの…??遠くない??)なんて自分が青森出身なのことを棚に上げ、四国は香川へ行くことを憂いておりました。見知らぬ土地で1か月やっていけるだろうか、なんて考えていたらあっという間に1か月が終わりました。

自社以外のグループ会社の同期たちとの出会い、そしてやってくる別れ。
涙なしでは語れない激動の1ヶ月間をここに記していきたいと思います。

目次

  • 『感』性
  • 『感』動
  • 共『感』
  • 『感』謝
  • 休日のセザール
  • 次回予告

企業理念

1.『感』性

2016年3月30日、新人研修初日。ドキドキとわくわくと四国にいるという非現実感に胸を躍らせて研修施設へ登校した我々新卒同期8人。
突如響き渡る先生の声 「よし、じゃあ5分で席作れ!!!!」
8人 「「「「「!?!?!?!」」」」」
開始早々講師の先生の勢いに飲まれてしまった我々。
さらには…
先生「ではこのことについてどう思う?」
「ハイ!佐藤です!!」
「ハイ!鈴木です!~~~~だと思います!!」
他のグループ会社の同期たちの勢いにものまれました。
なんだこの空間は…、と率直に思いました。小学生のとき以来に「ハイ、三浦です」を言いました。学生と社会人の違いを痛感いたしました。そしてミウラは少し大人になりました。

新人研修ではあなぶきグループの企業理念や価値観を全員で共有し、「あなぶきism」を継承していきます。さらに各グループ会社の社長や会長の講話を聴くことで自分の会社以外のグループ会社がどんな仕事をしているのか、人々の生活のどこにあなぶきグループが関わってくるのかを知ることができます。また社長さんと会える機会、ましてや直接お話しできる機会はそれほど経験できないと思います。そんな貴重な体験をさせてくれるこの新人研修…、とても身になりました。そして何人もの社長秘書さんを見ることができたことは最大の喜びでした。

 

2.『感』動

人見知りのミウラは研修が始まってしばらく経ってもなかなか他のグループ会社の人とお話しすることができませんでした。しかしそんなミウラも半月が過ぎるとだんだんみんなと話せるようになってきます。あれは4月16日…、そう忘れもしないミウラの誕生日の出来事でした。夜の公園で新入社員紹介のための出し物の練習をしていた同期8人。そこへ現れた別のグループ会社の男の子2人。突如始まったハッピーバースデーの歌にミウラは驚きます。同期からは愛のあるパイ投げを顔面にプレゼントされ、さらに1メートルほどのぬいぐるみを頂きました。ちなみに名前はセザールくん1号です。我が家のベッドで毎日一緒に寝ております。そして突如現れたグループ会社の男の子たちからはタイヤ味のグミをもらいました。食べました。涙が出ました。

 

●『感』動・・・感動する心を持っている人。小さな感動を与えられる人。感動を与えたいと思っている人。

 

こちらは当社の募集要項にある言葉です。些細なことなのですが、誰かを喜ばせられるひと、感動を与えられる人とたくさん出会えました。

 

3.共『感』

 

お客さまのしあわせが、わたしたちのしあわせです

 

こちら当社の企業理念のひとつです。
なんだかいいですよね。ミウラは企業理念の中で特に共感の理念が好きです。
朝礼の時は気持ちばかりですがちょっとだけ声を大きくしております。
自分がお客さんになったときに、どうしてもらったら嬉しいか、自分がしてもらって嬉しいことを、自然と相手にできるようなそんな人間になりたいです。

 

4.『感』謝

ただただ関係者の皆様に感謝申し上げます!

1か月間、色々な方にお世話になりました。講師をやってくださった社員の方、私たちに業務連絡をしてくださった人事・総務の方、宿泊ホテルのフロントのみなさん、いつも傘ばっかり借りてすみませんでした。結構通った定食屋のおばちゃん、卵焼きめっちゃおいしかったです。あとは一緒に研修を受けた同期のみんな。
本当にありがとうございました!
西日本勤務のみんな、見てますか??ミウラ、セザールでブロガーやってますよ。

1461846520468

 

 

5.休日のセザール

研修中は週末(土・日)がお休みだったので、色々な所へ行きました。アクティブ派が多い同期です。普段は完全にインドア派なミウラも研修中は外に飛び出しました。

 「島行こうぜ!」

休みの日は結構みんなで遊びにいきました。
ある日誰かが言い出しました。「島行こうぜ」
そんな急な一言すら「お!いいじゃん!行こうよ」と賛同してくれる優しい同期。
“直島”という小島へフェリーに乗って行ってきました。
砂浜で島の小学生の女の子と出会い、全力でかけっこしたり、かけっこしたり、かけっこしました。そして最後には別れたくない、と女の子が泣き出してしまったり。あれはまさに青春の一ページでした。
DSC_0725

DSC_0719

 

水族館のイルカショー

あれは桜がちょうど満開のころのお話です。
我々が宿泊しているところから数駅のところの山の上に水族館があるらしい、という噂を聞きました。ホテルで暇を持て余していた同期たちを集い、水族館へ行ってきました。
週末で賑わっているなか、小さい子やファミリーたちに混ざりイルカショーを見てきました。恥ずかしながら子どもたちよりもテンションが上がってしまい、あのショーを見ていた人たちの中で私たちが一番盛り上がっていたと思います。
水族館内も想像以上に充実しており、久しぶりの水族館を満喫いたしました。

 

ほぼほぼ毎日一緒にいても話の尽きない素敵な同期に恵まれました。個性派ぞろいの8人です。現在も気が付けば週に1度は誰かしらの同期に会っています(笑)
ずっとずっと仲良くやっていきたいです。

 

いかがでしたでしょうか。
研修中は慣れない環境、慣れない人たちに囲まれ、うわああああん青森帰りたい~~~~~!!!なんて思った時もあったような、なかったような。けれど実際終えてみると、あのときああしていたらな、もっとみんなとお話しできたらよかったな…、なんて思うこともあります。数か月後には入社半年研修が高松で待ち構えておりますので、そのときに4月ではできなかったことを悔いなく発揮してこようと思う次第でございます!

 

6.次回予告

「平成28年5月1日より青森出張所勤務・・・・」
辞令交付で青森勤務になりかけたミウラ(本当の話)。なんとか無事に東京西支店配属に決定!西支店かあ、楽しみだなあ!そんなミウラに一抹の不安が。
「実は新卒で西支店配属って初なんだよね、三浦さん頑張ってね」
少数精鋭、粒ぞろいの個性派集団、正直実態は謎、そんな西支店へいざ初出勤。
支店で待ち受ける9人の先輩。
西支店でやっていけるのか、ミウラ!?

 

次回第5話「フロントの仕事場ってどんなところ?仕事場紹介!」

 

なお、現在のミウラは東京西支店のみなさん無しでは生きていけません。

The following two tabs change content below.
三浦成美

三浦成美

あなぶきハウジングサービス 東京西支店 三浦 成美(みうら なるみ)
2016年に入社し、マンション管理(フロント)業務に従事しています。
主に神奈川・東京エリアのマンションを中心に担当しています。
最近は長野県松本市にも担当物件が増えました!
あなぶきブロガー3年目突入です。
よろしくお願いいたします。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop