第3話 入社前の不安解消!内定者アルバイト制度について

三浦成美 三浦成美

※この記事は2016年6月に投稿されたものです。

 

アイキャッチ③

 

こんにちは三浦です。最近は梅雨なのか湿気が大変ですね。わたしは筋金入りの癖っ毛なこともあり湿気を吸って髪の毛の広がりがすごいことになっております。晴れの日が恋しいですね。晴れ過すぎても暑くて大変なんですけれども…。
そんなミウラの近況といたしましては、先日同期の女の子たちと夜の渋谷に行ってきました。夜のハチ公を見てきました。観光客に混ざって写真も撮ってきました。“夜の~~”っていう言葉の響きがかっこいいですよね。いつか言ってみたい言葉は“夜の理事会”です。

さて、今回は内定者が入社前に行うことができるアルバイト制度のお話をさせていただきます。面接を受けていくなかで関わることのできる社員さんといったら、人事の方、役員の方など限られてくると思います。そんな中で入社して配属されるまでどんな先輩たちがいるのかわからない、というのは不安な部分もありますよね。内定期間中に先輩社員との座談会という機会も設けていただきましたが、やはり実際に働いている姿を見ることが一番わかりやすく、かつ伝わりやすいのではないでしょうか?私には伝わりました。

 

目次

  • どんなことをするの?
  • やってよかったこと
  • 先輩の声
  • まとめ
  • 次回予告

 

1.どんなことをするの?

簡単に言うと『先輩社員のみなさんのお手伝い』が中心です。

たとえばその①
各マンションの居住者様へ送る書類を折って封筒に入れる作業。単純な作業ですよね。え?こんなこと?と思うかもしれません。これは本来ならばそのマンションの担当フロントが行う作業です。これは袋詰めと呼ばれる作業なのですが、地味に時間を取られてしまいます。複数のマンションを担当している先輩フロントのみなさんはほかにも仕事がたくさんあるため、袋詰めの時間も惜しいくらいなのではないでしょうか。そこでわれわれ内定者アルバイトの出番です!私たちが袋詰めの作業をすることで、先輩の負担を減らすことができるのです。そして私たちはこんな仕事があるんだなあ、なんて少しではありますが仕事の雰囲気を味わうことができます。お互いにハッピーな関係になれるわけです!

たとえばその②
書類整理の作業。忙しくて書類を整理したくてもできないなあ、という先輩がいたとします。そこでわれわれ内定者アルバイトの出番です!「こんな感じでファイルにまとめてほしいんだよね」そんな先輩からの頼まれごとを受けて、サササっと書類を整理したとします。頼んだ先輩は喜んでくれることでしょう。嬉しいですよね!

 

このような感じで内定者アルバイトはおこなわれております!

内定者アルバイト(あーちゃん)  内定者アルバイト(みぞ)

 

事務仕事が中心になるかと思いますが、有意義な時間を過ごせると思います!

私の個人的な内定者アルバイトの感想ですが、議案書の封詰め作業は、封筒にただ詰めるだけじゃなく、表紙をチラッと見てこういうことを話し合うんだなあ(でも意味はほとんどわかんないなあ)なんて思ったり、そういった議案書はフロントが作成するものなので人によってはちょっとずつ書き方が違って、ああ自分もいつかこんな風に資料を作るんだな、とワクワクしました、また各支店の先輩方から袋詰めのテクニックを伝授してもらい、配属されてから披露したら「おお、すごいじゃん」とちょっと褒められたり、そんな思い出があります。

2.やってよかったこと

内定者アルバイトは強制ではなく任意です。ですからやってもやらなくてもどちらでもいいのです。実際私も2月までは青森県に住んでいたので内定者アルバイトはやっていませんでした。3月に半月ほどいろいろな支店でやらせていただきました。

(1)顔を覚える
私が内定者アルバイトをしてよかったと思う部分の8割はこれに尽きます。先輩方の顔が覚えられます。顔と名前まで一致させる必要はないとおもいます。一致させられたならなお良しです。後日お会いした時に(ああ、この方は○○支店にいた人だ!)なんてわかれば、お話ししやすいですよね。

(2)顔を覚えてもらえる
これは先ほどの「顔を覚える」に加えてになりますが、先輩方も私たちのことを覚えてくれています。「あー、あのとき来てくれた子だよね!」なんて話しかけていただくこともあります。配属されて初めて顔を知る、よりも事前に一度でも会っていたほうがお互い断然気が楽になるのではないでしょうか。わたしも今の支店に配属された初日は緊張でガチガチでしたが、先輩達から「あ、ここになったんだね~」「よろしくね~」なんて声をかけてもらえてだいぶ緊張がほぐれました。それでも緊張していましたが。

(3)雰囲気がわかる
社員のみなさんが、普段働いているオフィス。鳴り響く電話。次から次へと電話対応する先輩。上司と相談しあう先輩。来訪者の対応をする先 輩。緊急対応でバタバタと外出していく先輩。実際に仕事をしている先輩方の姿を入社前に見ることができる、というのは貴重な機会だと思います。自分もいつかこういう風に仕事をするんだなあ、というビジョンが持てますよね。今になって思いました。当時のミウラは(うわあ!電話出るの早い…すごい…全部ワンコール…社会人すごい…)その一心でした。
また本店・支店ごとに雰囲気が全く違います。これは内定者アルバイトを経験した同期のみんなも言っていました。本店は、さまざまな課が集まっており、人が多いです。フロアも広いです。BGMもかかっていてエレガントな雰囲気のなか仕事をしています。一言でいうとTheオフィスという印象です。ドラマなどで見たことのある景色が広がっています。お客様との応接スペースもシックに統一されていておしゃれです。そしてお手洗いもおしゃれです。支店は本店と比べると人数が少なくアットホームな印象を受けました。支店は大宮、錦糸町、田町、立川、新横浜、そして北は札幌まで7支店ございますが、同じ会社といえども、支店で雰囲気はガラッと変わります。ですので、一概に語ることはできませんが、私の勤務している立川市にあります東京西支店は、アットホームの中のアットホームです。と、西支店の皆さんも言っていました。少人数のため、会話がしやすいですし、誰かが質問すると、全員が反応して答えてくれます。そしていつも気がつけばデスクの上にはお菓子が乗っています。お菓子をみんなに配ってくれる心優しい方々ばかりです。

それぞれ雰囲気の違いはありますが、本店・支店どこでも先輩の皆さんは私たち内定者アルバイトたちにとても気さくに話しかけてくれて、
親切にしていただきました。お昼ご飯に連れて行ってくださったり、「疲れてない?」と気遣ってくださったり、挙げだしたらキリがありません。

この場を借りてではありますが新入社員一同感謝申し上げます。ありがとうございました!

 

3.先輩の声

ここまでは私たち内定者目線でお話してきましたが、では逆に迎え入れる側である先輩たちは「内定者アルバイト」についてどう思っているのでしょうか??聞いてみました。

・インターンみたいでいいと思う
・どんな子たちが入ってくるかわかるから、入った後も話しかけやすい
・お手伝いありがとう
・若さをもらえる
そのほかにもいろいろ貴重なご意見いただきました。ミウラも早速ではありますが、来年の内定者アルバイトの皆さんに会えるのが楽しみになってまいりました。

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?
内定者アルバイトのメリットは
①会社の雰囲気を知ることができる
②先輩社員の顔がわかる
③先輩社員に顔を覚えてもらえる
きっともっともっとメリットはあると思います。こんなこともあるよ!っていうものがある方は、ミウラまでご連絡お願いします。今後のブログで報告いたします。

内定者アルバイトをやっている最中は緊張してガチガチでしたが、終わってみるといい経験だったなあ、としみじみと思っています。たった2回か3回ほどしか内定者アルバイトに行っていないにもかかわらず、入社後もあいさつに行くと「覚えてるよ~!元気だった?」と声をかけてくださる先輩方の温かさを感じながら、ミウラも来年には未来の後輩たちに優しく声をかけたいと思っています。

 

5.次回予告

地元ではマンションなんて見たことないうえ、実家は一戸建てで、マンションについての知識は皆無。アパートとマンションってなにが違うの?自動ドアがあるかないか?エレベーターがあったらマンション?アパートとマンションの違いすらわからない…そんな状態からスタートした新社会人生活。東京生活1か月にしてようやく東京の地に慣れてきたころ、今度は香川県高松市で4月から1か月間の研修が始まる?!?!どうなるミウラ?
次回第4話、「あなぶきせザールサポート自慢の新人研修制度」についてお話しいたします。

1日1うどん!

The following two tabs change content below.
三浦成美

三浦成美

あなぶきハウジングサービス 東京西支店 三浦 成美(みうら なるみ)
2016年に入社し、マンション管理(フロント)業務に従事しています。
主に神奈川・東京エリアのマンションを中心に担当しています。
最近は長野県松本市にも担当物件が増えました!
あなぶきブロガー3年目突入です。
よろしくお願いいたします。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop