第35話 はじめての漏水対応

三浦成美 三浦成美

35話

こんにちは、三浦です。
先日誕生日が終わりまして、無事に12年ぶり2度目の年女を迎えることができました!
おめでとうのコメントをくださった皆様、誠にありがとうございます。
四捨五入20歳のラストイヤーも満喫していきたく思っております。

さて今回は漏水対応についてです。
これまで住んできたアパートでも発生したことがなかったのであまり自分には馴染みがないものでしたが、この仕事を始めてからは漏水怖いな~なんて思うようになり、下階の部屋に漏水させないように1階に住むことにしました。

目次

  • 漏水とは
  • 漏水が発生したら
  • 実際に行ってみた
  • まとめ
  • 次回予告

漏水とは

そもそも漏水と聞いてみなさんは何を思い浮かべますか?
ちなみに私は実家が思い浮かびます。我が家も築15年を過ぎたあたりから、ところどころ劣化が見え始めました。
我が家の場合は俗に言う「雨漏り」なんですが、雨の日は雨水が、冬の暖かい日は溶けた雪がなかなかの量で上から垂れてくるので、実家に帰るたびに(うわあ、まだ直してないんだなあ・・・)と思っています。
まあ実際そこまで被害はなく、1日にバケツの水を2回程捨てればいいくらいのものなので、今後ひどくならない限りはこのまま放っておくのかなと思います。

しかし!

戸建て住戸では(直そうかな~いやでも後でもいいか~)なんてそんな緩い感じでも平気ですが、マンションではそうもいきません。
漏水の原因はさまざまですが、よくある漏水のお問い合わせの主な原因としては
・屋上防水の不備、外壁などから雨水が階下の部屋、外壁に面する部屋に漏れ出す
・ベランダにある雨水管が劣化により損傷して水が漏れる
・配管の老朽化により隠れた部分で水漏れ
・水周り(浴室、洗面、キッチン、トイレなど)設備や部品の劣化
などがあげられるかと思います。まあ事故によって本当に原因はさまざまなので一概には言えないのですが。

マンションの場合漏水が発生したら下階の住人に迷惑がかかってしまうので、すぐに対応しなければなりません。
でも上階の人(漏水発生源)は気づいていない可能性もありますので、発見した方のご連絡があって初めて発覚します。
とはいっても部屋の天井から水がめちゃくちゃ落ちてくるんだけど!てかベッドがびしょ濡れだし、あああパソコンも濡れてる!?!?なんて状況に自分がなったら冷静に対応できる気もしませんが、もしも皆様ご自身の部屋が漏水の被害にあってしまった場合は深呼吸ののちに管理会社にご連絡ください。

 

漏水が発生したら

漏水が発生したら業者を手配して、漏水の発生箇所の特定をします。
すぐに原因箇所がわかれば修繕してOKなんですが、万が一原因箇所がすぐに特定できなかった場合は床に穴をあけたり大がかりな作業になることもあります。

と、ここでわたしが最近実際に立会いをしてきた漏水原因調査をご紹介いたします!

~経緯~
下階の方からトイレの天井のクロスがはがれている、漏水しているかもしれないとご連絡がありました。

業者さんと一緒に確認したところ、上階から漏水していることが判明しました。

業者の見解ではおそらくトイレの配管をつなぐ部品が原因ではないか?とのことで、上階の部屋を確認することになりました!

 

実際に行ってみた

実際に行ってみました。
これが最初のトイレ。

unnamed (3)

これをどんどん解体していきます。

unnamed (4)

写りがあまり鮮明ではないのですが、
業者さんの手際の良さに私は後ろで「うわーすごい」しか言ってませんでした。
そして最終的には取り外してこんな感じになります。

unnamed (5)

ちなみに矢印のところが今回原因となった箇所になります。
お手洗いの漏水系では結構多いみたいです。これは業者さんに聞きました。
ちなみに写真はもう部品交換した後なのですが、交換する前の部品は(ああ~これは経年的にももう限界だったんだろうな)と素人の私でも思うほどの消耗っぷりでした。部品に心からお疲れ様でしたと思いました。
そして原因の部品も交換できたので本体を戻します。
こんな感じ。

unnamed (2)

そしてこの黄色いテープのうえからシーリングします。

unnamed (1)

トイレの本体と床の接地面に防水しないようにするため、隙間を埋めるための作業なのですが、業者さんの技が華麗すぎて圧巻でした。シーリング剤を打った後に伸ばす作業があるんですが、最初は(え?ほんとにこれで合ってる?)と失礼ながら思ったのですが、伸ばすたびにどんどん綺麗になっていって、(あ!これよく見るシールの形状だ!すごーい)となりました。
調べてみたところ、最近はやりのDIYでシーリングやコーキングといった作業も個人で行えるようになっているので、ホームセンターで買っていつかあの作業をやってみたいです。

そして完成はこうなります。

unnamed

これら全部合わせてだいたい3時間程度の作業だったのですがとても勉強になりましたし、トイレって意外に簡単に取り外せるんだなと思いました。自分の家に帰ってからトイレの作りを確認するくらいには興味深い体験でした。ちなみに私の家のトイレはもっと簡単に外れそうでした(笑)

まとめ

今週は別の漏水原因調査があります。

次回予告

次の記事があがるころには新卒の子が配属されているのかもしれません!

The following two tabs change content below.
三浦成美

三浦成美

あなぶきセザールサポート 東京西支店:三浦 成美(みうら なるみ)
青森県出身。入社後は立川市にある東京西支店配属となり、マンションの管理担当であるフロント業務を担当しております。
“すぐ駆けつける”をモットーに日々奮闘中です。分譲マンションでの生活に関するお役立ち情報を配信していきたいと思っています。よろしくお願いいたします。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

backtotop