改めて知ろう!分譲マンションの防火管理者の仕事

前口 恵理 前口 恵理

こんにちは。あなぶきセザールサポート、管理課の前口です。
あっという間に6月中旬にはいりましたね。年を取るたびに1年があっという間に過ぎる気がします・・・(笑)最近「海街diary」をテレビでみたのですが、姉妹っていいですね~そして長澤まさみがかわいい!本当に可愛い!あんな人になりたいと思いました(笑)

さて今回のブログでは、防火管理者について書きたいと思います。ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

  • 防火管理者とは
  • 防火管理者の仕事内容
  • なり手不足の問題
  • まとめ

 

防火管理者とは

防火管理者とはなに?と思う方もいらっしゃると思うので、まず防火管理者について説明をしたいと思います。
防火管理者とは、消防法に多数の人が居住する防火対象物で定めなければならない管理者になります。

防火管理者になるためには、消防署が行っている講習に参加する必要がございます。講習は2日間(9時~5時まで)あり、座学および消火器の放水授業があり、最終日にテストを実施し合格すると防火管理者証をもらう事ができます。実は私も1年目の時に講習に参加したのですが、大きな白い布巾で骨折した場合の布のまき方などを教えてもらったのがとても印象的でした。

 

防火管理者の仕事内容

防火管理者の仕事は下記の通りとなっております。

・消火計画の作成
・消火・通報および避難訓練の実施
・消防の用に供する設備・消防用水または消防活動上必要な点検および維持
・火気の使用または取扱に関する監督
・避難又は防火上必要な構造及び設備の維持管理
・収容人員の管理
・消防設備に関する工事を行った場合の届け出

防災訓練と言えば、消火器の放水体験やAED体験をしているマンションが多いかと思います。その他にも各階についている非常警報をならし、住んでいる方にマンションの下まで降りてきてもらう、非常食の試作会というのもありますね。私の先輩が担当しているマンションでは、防災訓練の日に消防署に頼んで、地震を体験できる車をかりて地震体験をしているというところもありました。何年に1回はそういう訓練をするのも良いかなと思いました。(ぜひ防災訓練なにしようかな?と考えている組合がありましたら、参考にしてください。笑)

成り手不足の

ここまで防火管理者について説明を行ってきましたが、最近は防火管理者の成り手が不足している傾向にあります。
私が担当しているマンションでも一人の人が長期で防火管理者をやっているケースが多くみられます。または選任していないというケースがあるのではないでしょうか?防火管理者は選任することが義務づけられておりますので、この機会に選任を行ってみてはいかがでしょうか。

選任方法

選任方法として一番簡単なのが、アンケートを配りやってくれる人を募る事です。ですが、立候補してくれる人がいればいいのですが、なかなか出てこないこともあるかと思います。その場合は、防火管理者の講習に出てもらい、防火管理者になってくれる人を見つける事が必要です。資格を持っておらず取りに行ってくれる人がいるのであれば、講習費用は組合で負担します、や日当いくらお支払するので講習に行って防火管理者になってください。という方法がございます。

そのほかにも、「防火管理者になった方は理事長職を免除とする」であったり、3年に1回のペースで防火管理者を変更するというルールを決めて選任していくという方法がございます。管理組合に合った方法で選任をしてみてください。

まとめ

防火管理者のお仕事内容、また選任の方法などは役に立ちましたでしょうか。正直防火管理者の仕事内容はしんどいかな・・・と思う方もいらっしゃると思いますが、管理会社も出来る限りお手伝いをさせていただきますので、あまり重く考えないでもらえればと思います。
そして管理組合の方、防火管理者の方も負担にならない選任方法を決めていただければと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

The following two tabs change content below.
前口 恵理

前口 恵理

あなぶきセザールサポート 東京本店:前口 恵理(まえぐち えり)
新卒で入社し管理担当者として、現在12棟のマンションを担当しております。
お客様目線で寄り添ったフロントを目指して日々奮闘中です。
趣味は食べる事と旅行で、ウユニ塩湖にいくのが夢!
このブログを通して少しでもお客様のお力になれたらと思います。
保有資格:管理業務主任者
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

最近書いた記事

関連の記事

  • facebook
  • feedly
  • rss
backtotop